外国語はジェスチャーが一番の秘訣

挨拶などの普段使う言葉を覚えれるように普段から勉強本などについているCDを聞くことが一番だと思います。文法よりもまずは単語から覚えて行くのが有効です。

海外在住です。
現地の言葉も何もわからずここに来ました。
日本でもっと勉強をしていればよかったと現地に着いてから思い、失敗したなと思いました。
CDなどを聞いていたのですが、文法を覚えようと必死だったため、伝えたい肝心な単語がなかなか出てこず、なかなか会話がなりたたなかったです。
ですが、自分が伝えたいことを言葉がわからないなりに一生懸命伝えようとする気持ち(ジェスチャーを使用しました)がわかってもらえ、その度に現地の人から言葉を教えてもらい、会話が出来るようになってきました。
まだまだ片言な部分はありますが、自分が伝えたいことを恥ずかしがらずにそして熱意を持って話そうとすれば、段々を打ち解けていけるようになります。
海外は危険とよく言われますが、住んでみなければわからない部分が沢山ありますし、住めば都。
今では現地のお友達もできて、住んでよかったと思っています。

これから海外に行く方へアドバイスは、日本人はどこにいても狙われやすかったり、実際に財布などすられる事もありますが、防犯のためにきちんと対策するよりも、現地の人のようになじんでるフリをするということが一番お勧めです。
現地の人は現地に慣れている雰囲気を出している人には手を出しにくい部分があると思いますので、心がけ次第で危ない目にあうことを避けれます。
楽しみ方は色々なことに挑戦してみることだと思います。
危ないからとかではなく、現地にいなければ体験できないようなことも積極的にやってみると、本当に楽しい思い出になると思います。
現地にいる日本人の方を探し、その方に連絡を取ってみるなど、情報を集めてみることもお勧めします。

«
»