風邪

年が明けて、気合を入れてお仕事しようと思ったら、思い切り風邪をひきました(汗)
うちでは風邪をひかないようにと加湿器と空気清浄器を付けているのですが…。
朝起きると喉が痛くてびっくり。
湿度52%と表示されていたのですが、本当に?って思うほど乾燥していました。

乾燥の時期は風邪ひきやすいので気を付けないといけないですよね。
お熱の出ない風邪は結構長引くので辛いです。
今日はしょうが紅茶を買いに行こうと思います。
ちなみに湿度は45%~60%が理想らしいですよ。
湿度を上げすぎたら、今度はカビの原因になっちゃうのでしっかり管理しないといけないですけど。
あとは手洗いうがいは当たり前ですが、手洗いは最低でも30秒以上で、冷水でする事だそうです。
冬の冷水はキツイですけど、ゆるま湯って細菌が繁殖しやすいって聞いたんです。風邪予防の為に我慢ですね!
あ、それとビタミンを摂るのが良いって聞いた事ないですか?
でもそれ実証されてはいないらしく…それよりもハーブやニンニクが良いみたいです。
ニンニクなら手頃で良いかもしれないですね!
息が臭くなりますけど(笑)
そういえばみなさん風邪薬って飲んでますか?
私は飲まない派なんですけど、飲むとしてもしっかり症状が出てからが良いみたいです。
少しでも免疫力を高めないといけないですからね。
あまり薬に頼りすぎると効きにくくなるし、風邪などの病気も治りにくくなっちゃいますよね。
うちは子供にも最低限の薬と最低限の量しかあげないようにしています。
あとはしっかり食べてしっかり休む事ですね!
一日しっかり寝るだけでも全然違いますからね。
私もゆっくり休んで早く治そうと思います。
そしてお仕事頑張りましょう!

子供健康で元気がいいのが一番

大人の予防接種

子供がかかる特有の病気はたくさんありますが、中でも感染力が強いものとして水疱瘡やはしか、おたふく風邪などがあります。
それでなくても、子どもには予防すべき病気、いわゆる予防接種を受けておくべきことがたくさんありますね。

大人になってからかかることは滅多にないのでそう心配することはないのですが、結婚し子供が生まれるとそうはいきません。
実際に自分が子供のころに何の病気にかかって、何の病気にかかっていないかを正確に覚えている人はまれで、自分の親に聞くしかありません。

母子手帳がそういった疾病や予防摂取の履歴の役割を果たすのですが、いつの間にか無くなってしまったりするのが不思議ですね。
貴重な記録なんですけどね。

子供は容赦なく幼稚園や学校で病気をもらってきますので、子供からうつされて初めて自分が未感染であったと気づく人もいます。
これらの病気は子供がかかると大したことがなくても大人になってかかると重症になる確率が高く、中には入院するケースもあります。
予防接種は大人でも打つことができます。

心配な人は今からでも予防接種を受けておきましょう。
免疫力は子どもだから、大人だからという一本調子の論調だけで強弱を判定出来るものではないはずです。
かぜが良い例で、大人でも感染してしまうあたり、免疫力云々は語れないでしょう。

最も、一番難しいのは予防です。
不確実な感染に対するリスクヘッジの意味でも、予防は適切に行いたいですね。

いい牧場の健康な牛たち

安全安心の精肉専門の食肉卸業者
精肉専門のことなら真っ先に肉の取り扱いのプロであるミートキムラまでお問合せを
meat-kimura.co.jp/

«
»