世界の人たちのコミュニケーションツール

入試やテスト、資格としての英語以外の何に役立つだろうと思っていたぐらいです。

昔英語は苦手科目でした。
入試やテスト、資格としての英語以外の何に役立つだろうと思っていたぐらいです。
そんなとき学生時代に生活していた寮へ留学生や外国人の英語講師が年に2~3回ほどステイにやってきました。
彼らは日本語があまり話せず、日本での生活、寮の規則的な暮らしが不慣れで不安になっていると思い、少しでも手助けしたくて英語で声をかけてみました。
聞き取るのも話すのもおぼつかなかったけど、とても嬉しそうにしてくれて英語をもっと自由に使えたら良いのにと考えるようになりました。
それからは積極的に英語を学ぶようになり、英語で手紙を書くようにもなりました。
グローバル化が進んでいる現在、異なる環境で育ち、それぞれの文化を持つ外国の方とコミュニケーションを取ったり、力を合わせて仕事をしたり、問題を解決するにあたって英語がとても大切な役割を果たしていると思いました。
英語の早期教育についてはいい考えだと思います。
でも、英語を学ぶ前に基礎学力や日本語の語学力を大方つけておく必要があると感じています。
英語を学ぶと言ってもあいさつや片言のものならばすぐに習得することができます。
しかしながら、早期英語教育を行う狙いは簡素な英語力をつけるためではなく、長期的な視点で英語を第二外国語でありながら母国語同然に話し使いこなしたり、実際に生きた英語として活用されることを目的とするべきではないでしょうか。
学問的な英語能力を否定するわけではなく、なぜ英語を学ぶかを考えると、外国の方と話すにあたって言葉の壁をなくすため、国際問題を解決するため、平和活動のためなどたくさん挙げられます。
仕事で使うことになれば、語彙力や専門用語の知識も必要となってきます。
その基礎を築くにあたって、義務教育全般の質をあげるべきではないかと思います。
より良い日本と世界、そして未来のために。

«
»