知っておきたい花言葉

みなさん、誰かに花をあげた事はありますか?
私は母の日にカーネーションをあげた事ぐらいしかないのですが。
カーネーションって色ごとに意味が違うって知っていましたか?
そこまで気にする事はないかもしれませんが、一応覚えていた方が良いですよ。

カーネーション自体は女性の愛とか、純粋な愛情って意味があるんです。
まさに母の日にピッタリですよね。
特に定番の赤色は、母の愛・母への愛って意味を持っているんです。
でも最近では店頭に何色か並べてありますよね。
それを見ると、やはり赤だけでは寂しいかなと思ってしまいますよね。
そこでオススメ出来るのは、ピンクです。
気品、あたたかい心、そして何より「感謝」という意味があるのです。
カーネーション自体が「愛」という意味があるので、色別でもやはり「愛」に関連するものが多いです。
ただ気を付けて欲しいのは、濃い赤色と黄色のカーネーションです。
濃い赤は「私の心に哀しみを」という意味になり、黄色は「軽蔑・嫉妬」という意味なのです。
花だけじゃなく、その色にもそれぞれ意味があるなんて面白いですよね。
誰かにお花を贈る時は色々調べて送ると、もっと相手に思いが伝わるかもしれませんね。
貰う時はあまり気にしないようにした方がいいかもしれないですけど…
それにしても、世界中どこででも愛されている母という存在は素敵ですね!
私も子供に愛されてもらえるような母親になりたいです。
いつか、カーネーションもらえる日がくるのかなあ。楽しみ。

楽しい職場楽しい仕事
勤怠管理
給与連動の勤怠管理・就業管理システム。従業員が何人でも定額でコスト負担軽減。
biz-work.jp/
関連:www.empreinteeternelle.com

«