白髪染めの恐怖とは

最近、主人の白髪がまたひどくなってきたので、そろそろ白髪染めをしなきゃなあと考えています。
ですが、今日美容師さんとお話したら、衝撃的な事を聞いたのです。
「白髪染めは体に悪い」という事です。
知っている方もいらっしゃると思いますが、私には無縁のお話だったので驚きでいっぱいでした。

白髪染めに入っている、「ジアミン」という成分。
この成分が白髪を染める力を持っているのですが、まさに体に悪いというものの正体です。
毛根から体内に入っていき、体の中で解毒される事はないらしく、染めるたびに体に蓄積されていくんだそう。
最近では、肝臓に影響が出ると言われているようですが、女性の場合は子宮に強く影響するようで、子宮筋腫などのリスクが格段に上がるようです。
なので、美容師さんは「寿命を縮めているようなもんだ」と言っていました。怖いですね…。
では、どうすればいいのか?
一番はやはり染めない事。ですよね、もちろん。
でもそういうわけにはいかないですからね。
なので次に出来る事といえば、髪を明るくする事です。
髪色を明るくすることで白髪を目立たなくするのです。
後は、少しお金が高くなりますが、ノンジアミンの白髪染めをする事です。
使ったことはないので染まり具合は分かりませんが…
近いうちに挑戦してみようかと思います。
と、色々書きましたが、結局は何を言っても白髪染めをする人は少なくならないそうです。
でも少なくともうちは気をつけさせようと思います。
やっぱり長生きしてほしいですから。周りが気を付けてあげましょう。

髪の毛の色

髪の毛が伸びてきたので美容院の予約をしました。
髪の毛の色も落ちてきてしまったので、カラーもするのですが、何色にしようかと迷っています。

私は白黒はっきりしたいタイプなのでそれが髪の毛にも現れています(笑)
なんというか、ナチュラルな色にはほとんどしません。
どうせ茶色にするなら茶色!って思うほどの明るい茶色にしたいです。
もしくは黒にするなら、不自然な黒が好きです。海苔みたいな真っ黒なやつです。
今までの人生では、結構いろんな色にしてきました。

真っ赤とかオレンジとか、今見るとかなり派手で自分でもちょっと引きますが、その時代は今よりは派手な色の人がいました。
芸能人でも赤髪の人がいましたしね。
あの頃は白い髪にもあこがれました。
これも芸能人でやっている人がいました。
でも白にするにはまず髪の色を全部抜かなくてはいけなくて
それが痛いらしいので断念しました。
ちょっと怖かったのもあります。

白には年取ったらなるんだからいいんじゃないかとも言われましたが、たんなるしらがと白い髪は違うんです。
今でも少しあこがれます。
でもさすがに仕事がありますし、流行でもないので、もう赤やオレンジや白にはできませんが、今は明るい茶色なので今度は真っ黒にしようかなと思っています。
不自然な黒は派手というか、かなり目立ちます。
でも夏までには茶色に戻したいので、迷いどころです。
一回黒にすると次の色に直すのに時間がかかるんですよね。
美容師さんに相談して夏までに色が抜けそうだったら黒にしようかなと思ってます。

«
»