賢いなと思う人

世の中には、学歴は高いがどこか残念な人が多く、仕事場でも「出来ない部類」に分別されている人がいる。

一方で、高卒でありながら、いつも仕事は評価が高くて信頼も厚いというスター社員がいる。

現実は、学歴と企業の求める即戦力に相関関係はない。
スタートは横一線であるが、努力の度合は学歴が高い方が確かに勝るのだが、チカラの入れ所が違うのだ。

例えば、FAxで書類を送信するのに、FAxの原理を理解する必要はないが、高学歴な人物ほど理解しなければ動かないという、ビジネスでは手遅れになる素早い対応が出来ない。
ビジネスの世界では、原理を理解しなくても、確実に番号を確認して入力し、FAxボタンを押すことが出来る人物が重要。

グダグダしている間に、ライバル企業に出し抜かれてしまうからだ。
市場の原理を理解しなければ、仕事はしないという事では困るのだ、まあ極論ではあるが。

もちろん原理を理解しなければならない事もある。
が、それは今のビジネスにおいては、既存の市場で既成以外のサービスを創出する方が、コストはかからないのだ。
新たに顧客を掘り起こすことや市場を創り上げるために、市場原理についてウダウダと語る時間はない。

恐らく、左に教科書を置いて、右にノートを置きなさいという教育が、こうした理解から入らなければ動けない人物を生み出しているのだと思う。
読んで書ければ、置き場所なんてどうでもいいのだから。

東京の食肉卸
東京の食肉卸業者を探している飲食店様はコチラをご検討ください
meat-kimura.co.jp/

«
»