社会

結婚をきっかけに転職する人が増大

転職経験は1度のみです。
結婚をきっかけに正社員を目指して就職活動をしていました。
とある転職サイト様にて良さそうな中小企業様を見つけて応募させていただきました。
私は建築系の現場作業以外であればどの会社でも良いと思い面接をさせていただいたのですが、その企業様の面接時の説明では建築系の話ではなかったので合格をいただいて就職させていただきました。

“結婚をきっかけに転職する人が増大” の詳細は »

科学館

夏に宇宙センターに行ってきました!
宇宙飛行士の漫画を読んでいたので、とてもワクワクしました。
全然宇宙の歴史などは分からないので、初めて聞くものばかりでした。
技術って本当に素晴らしいんですね。

“科学館” の詳細は »

好きな人の結婚式

先日、今までの人生で一番好きだった人の結婚式に出席した。
二次会からだったけれども。
何だか複雑な気持ちになった。

私がその人のことを好きだったのは、私の青春時代といってもいい、一番楽しかった頃のことだ。
大学生の頃のこと。

今思えば、全くどうってことのないことでいちいち悩んだり、怒ったり、自分より不幸な人間はいないんじゃないかと思っていた頃。
すっかり大人になってしまった今、その当時の自分に出会って、悩みを聞いたら、なにあんたそのくらいのことで不幸ぶって、と説教の一つもたれるかもしれない。
けれども、当時の自分にはそんな瑣末事が、紛れもなくこの世の一大事であったのだ。

将来のことで思い悩んで、それでも心の中には、まだ何とかなると楽観視している自分がいた。
社会に出ている大人を、薄汚いものだと思っていた。
でも、心のどこかでは自分が甘えているだけのことは分かっていた。
そんな矛盾した気持ちの中で千切れそうになっていた。

そんな頃好きだった人は、大げさではなく私の全てであった。
私はそれこそ全身全霊でその人のことが好きだった。
結局、どうしてか上手くいかなかったのだけれども。

そんな大切な、私の青春時代そのもののような人が、結婚したのである。
私はとっくに、その人のことは忘れたつもりでいたし、もう私とその人の線が重なることは、この先の人生でもないだろうと覚悟していた。
時々夢に出ては、悲しい思いをさせる、その程度だった。

それなのに、いざその人が結婚したら、私は突然気持ちに大きな穴が開くのを感じた。
よくきく、あのお決まりの「胸にぽっかり穴が開いたような」というやつだ。
それが、本当にあるんだと知った。
悲しい、というのとも、惜しい、というのとも違う、ただ文字通り穴が開いたような。

その時、私は本当の意味で、青春時代を脱却したのである。
ずっと宙ぶらりんのまま、片足はしつこくつっこんだままだった青春気分。
それがすっと身体の中からなくなっていくのを感じた。

結局、私は最後までその人の世話になったわけだ。
これが、通過儀礼というものなのかもしれない、と、思った。

成人の日に思った事

この間は成人の日でしたね。
大人になったという事を自覚する一番最初の出来事ではないでしょうか?
それと同時に、今まで育ててくれた親に感謝する日でもあります。
私は自分の成人式は出席しなかったので何も思い出はないのですが(笑)

“成人の日に思った事” の詳細は »

ネット社会

知り合いに聞いた話ですが、クレジットの請求で30万円請求が来た親がいたそうです。
子供が携帯で遊んでいたようなのですが…。
怖いですよね。本当に。
今の世の中、ネット社会と言われていますが、みなさんはどう思いますか?

“ネット社会” の詳細は »